---さいたま市 日蓮正宗 常生寺の公式ホームページ---   

   

「自称正信会」破折

「自称正信会」に関連した事項を、【大日蓮】より抜粋
大聖人の左右に脇士を安置しない理由について 大日蓮・昭和58年6月(第448号)
「蓮祖」と「蓮祖聖人」の違いについて 大日蓮・昭和58年7月(第449号)
「師弟一箇の本尊」という邪説の文証について 大日蓮・昭和58年8月(第450号)
「法 主」という呼称について 大日蓮・昭和58年9月(第451号)
久遠元初の阿弥陀仏について 大日蓮・昭和58年10月(第452号)
牽強付会を止どめて御先師の御指南を正しく拝すべし 大日蓮・昭和58年11月(第453号)
己 心 の 法 門 に つ い て 大日蓮・昭和58年11月(第453号)
己心の仏国土に関する文証について 大日蓮・昭和58年12月(第454号)
己心に戒壇を建立するという邪説について 大日蓮・昭和59年1月(第455号)
「事を事に行ず」の文について 大日蓮・昭和59年2月(第456号)
「凡夫は体の三身にして本仏ぞかし」の文について 大日蓮・昭和59年3月(第457号)
〝折伏は化他行にあらず〟という邪説について 大日蓮・昭和59年4月(第458号)
一言摂尽の題目について 大日蓮・昭和59年5月(第459号)
「日興が身に宛て給わるところの弘安二年の大御本尊」の文について 大日蓮・昭和59年6月(第460号)
「夫れ一心に十法界を具す云云」の文について 大日蓮・昭和59年7月(第461号)
「日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ」の文について 大日蓮・昭和59年8月(第462号)
『文底秘沈抄』について 大日蓮・昭和59年9月(第463号)
無 疑 曰 信(むぎわっしん) に つ い て 大日蓮・昭和59年10月(第464号)
「疑(ぎ)を解(げ)の津(しん)となす」の文について 大日蓮・昭和59年11月(第465号)
「此は久遠元初自受用報身無作本有の妙法を直に唱う」の文について 大日蓮・昭和59年12月(第466号)
「真実の十界互具」について 大日蓮・昭和60年1月(第467号)
「一閻浮提総与」と「信心血脈」について 大日蓮・昭和60年2月(第468号)
「種子を覚知するを作仏と名づくなり」の文について 大日蓮・昭和60年3月(第469号)
「事 迷」 の 語 義 に つ い て 大日蓮・昭和60年4月(第470号)
「日蓮は不軽の跡を紹継す」について 大日蓮・昭和60年5月(第471号)
不軽菩薩に関する池田令道の誤りについて 大日蓮・昭和60年6月(第472号)
「不 軽 の 行」について 大日蓮・昭和60年7月(第473号)
自称正信会の本因修行観について 大日蓮・昭和60年8月(第474号)
正信会及び在勤教師会の迷妄について 大日蓮・昭和60年9月(第475号)

「正信会」破折

教本 ←項目名をクリックして下さい

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system