---さいたま市 日蓮正宗 常生寺の公式ホームページ---   

 

 「どん底から幸せに」 25グループ:川嵜 利彦


常生寺:25グループ 川㟢利彦(右)
  常生寺・25グループの川嵜利彦です。今は山形県鶴岡市に住んでいます。
 私は平成22年頃、知人の紹介で無理矢理創価学会に入会させられ、ニセ本尊を3000円で買いました。しかし一生懸命学会の本尊にお題目を唱えても良くならず、鬱病になり仕事も失い、妻子とも別れ、大宮の母の住むアパートに転がり込みました。その頃から幽霊や幻覚を見るようになり、幻聴にも悩まされていきました。......全文を読む
 

 「 」  グループ:  


 

HP管理者

○M.W
○昭和44年2月生まれ
○昭和62年5月、日蓮正宗に入信(当時:創価学会)
 入信当初は池田崇拝だったが、昭和63年12月、聖教新聞主催の「創価学生写真展」に入選、学会本部での授与式に参加。その際、池田名誉会長の「21世紀には、私を求めない信者は淘汰される。なぜなら、私を求めない人間は、〝宇宙のベクトル〟が狂うからだ。」との発言に疑問を抱き、次第に学会の信仰に矛盾を感じてゆく。特に平成元年以降のスピーチには日蓮大聖人の教学との差異を感じ、平成2年の「11.16スピーチ」を機に創価学会を脱会。
 以降、札幌・日正寺信徒となる。平成25年6月、さいたま市の常生寺信徒となり現在に至る。



↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system